漫画

【ヒナまつり】ついに完結!最後まで最高に面白い漫画をありがとう!

※この記事は作品紹介ではなく、ただ「ヒナまつり」という漫画に感謝するだけの内容になっています

大好きな漫画「ヒナまつり」がついに完結しました!

終わってしまったのは悲しいけど、それ以上に楽しませてくれたこの作品には感謝しかないです。個人的には終わり方もヒナまつりらしくて満足できました!

なんと10年間も連載していたようで、単行本の巻数でいうと「19巻」。話数でいうとちょうど「100話」で完結しました。この100話っていうのは、本当にたまたまらしくて、その辺の裏話も19巻に収録されています。

長期の連載の中で一度もダレることなく、面白い物語を書き続けてくれた大武先生には、「本当にありがとうございました!」とお伝えしたいです。

初めは、「なんか評価高いし買ってみるか」ぐらいの軽い気持ちで読み始めたのですが、気づいたらドハマリしていました(笑)

おそらく、私の人生で好きな漫画ベスト10に入るレベルです。

社会人になってつらい時期もありましたが、そんな時にこの「ヒナまつり」を読むと元気がでて、いつも励まされていました。読めば、間違いなく笑って元気になれる漫画です!

最初は小さくて、あれだけ問題児だったヒナも、新田さんのおかげで随分まともに成長しました(笑)

なんと、今では大学にまで通っています!ヒナがだんだん成長していく姿を見ていると、新田さんじゃないけど、親心に似たような気持ちになってしまいますね(ヒナちゃん大好きマジチキじじい)

ラストでは、新田さんが今までのヒナとの生活を思い返すシーンがあります。そして、ヒナに「少しずつ成長しているよ」と伝えるのですが、思わずジーンときて泣きそうになってしまいました。感動系の漫画じゃないのにね(笑)

もちろん、新田さんやヒナ以外の登場人物にも焦点が当てられており、瞳やアンズ、マオ、ハル、アツシ、タカシ、仁志、殺マスクなど沢山のキャラクターの後日談が描かれています。

あ、もちろん「ロックージョン」も書かれていましたよ。めちゃくちゃ笑いました(笑)

ヒナまつりが終わってしまったことは本当に悲しいですが、人生でこんな最高な作品に出会えて幸せです。

大武先生、本当にありがとうございました!

もし、先生の作品がまた始まったら、絶対読ませていただきます。

ヒナまつりに感謝!!